企業内保育で安心して働く【安心ジュニアサポート】

保育士

サービスの導入をする

保育士

昔は男性が働いて女性は専業主婦という形態が多かったですが、現在は時代の変化に伴い、夫婦で共働きをするという人が増えています。それはもちろん金銭的な問題もありますが、他にも自分のお小遣いを貯めたいということから働く人が増えてきているのです。家庭に小さいお子さんがいると、なかなかフルタイムで仕事をすることは難しいです。特に1歳や2歳などと年齢の低いお子さんであれば免疫力が弱いため発熱や感染症になりやすくなるのでより一層子供の世話に集中しなければなりません。そうなれば仕事をしたくてもなかなか思うようにいかなくなってしまいますが、企業内保育のサービスがあれば近くで子供の世話をしながら仕事で働くことができます。まだ会社で企業内保育の設置をしていないところは、専門業者に依頼をして企業内保育のシステムを導入しましょう。

これから企業内保育の設置をするためには様々な費用がかかってしまうので、業者と相談をしてどのくらいのコストがかかるのかを確認しましょう。また企業内保育の設置をするときは自費で支払う他にも企業側から一部の助成金が出るので、これなら比較的少ない費用で設置ができます。また企業内保育は設置だけではなくこれから運営をしていかなければなりません。運営にも専門業者からの助成金が出ますが、企業の形態によっても助成金の割合がそれぞれ異なります。専門業者では今までに導入した企業の事例なども紹介しているので、企業内保育の導入を検討している方はまず業者で行なうサービスや実績情報などの確認をしましょう。